FC2ブログ
あした転機にな~れ
日々の暮らしの中からのほんの小さな出来事を書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軽快づく廿のない飲み目の焼酎を造る減圧蒸留に対し、昔から行われているのが常圧蒸留である。

常王蒸留は、やかんでお湯を沸かすのと同じ原理である。




醪に高温の蒸気を当てて90℃~100℃に沸騰させ、アルコール分や散策成分を気化して取り出す方法だ。

減価蒸留に比べて高温で行うため、焦げ臭の元となる
フルフラールなど、多くの散京成分か出てきてしまう。

そのため、減圧蒸留のようなくせのない軽やかさばなくなるが、芳醇で豊かな風味は色濃く残る。

原料の香りが十分に楽しめるのも京王蒸留の長所といえる。

減圧蒸留が登場する前まではほとんどの焼酎が常甲蒸留ごったが、現在はさつまいもや黒糖、泡盛といった強い個性をもつ焼酎を中心に行われている。

米や麦といった穀類の焼酎では減圧蒸留に切り替えたところも多いが、昔ながらの爪甲蒸留を続けている蔵もある。

 常王蒸留はル古くからの技術だが、減圧蒸留よりも劣っているということではなく

、個性をもった焼酎造りにはかかせない蒸留左武なのである。
ネットから探す→入手困難な焼酎の通販サイト

楽天から探す→プレミアム焼酎のショッピング(そば焼酎)
焼酎 通販 本格焼酎
スポンサーサイト

プロフィール

hiragasaki119

Author:hiragasaki119
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

おすすめサイト

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。