あした転機にな~れ
日々の暮らしの中からのほんの小さな出来事を書いています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトドアライフには原則とかは基本はありません。

ましてマニュアルなど必要ないわけです。

なぜなら、野外で生活することがアウトドアライフなのですから、生活は個々人違っていて当然なのです。

なにもマニュアルにしたがって窮屈な思いをすることはなく、まずは無理のない自分のスタイルで行うことです。

そうでないと長続きはしません。フローター、ボートからウェアにボックスまで何でも揃う♪
基本はできるだけ「楽で、快適に」自分流のアウトドアスタイルをつくればいいのです。

お父さん、今あなたに必要なことはそのきっかけをどうしてつくるかということなのです。

■海へ行こう
世界最大級の品揃え!ナチュラムスポーツ


海はとてつもなく広大なアウトドアフィールド。

日本は四方を海に囲まれ、さまざまな表情を見せる
・・・・海がある。

磯は海の小さな生物がいっぱい観察できる。

潮が引いた頃には小さな潮だまりができる。

ここには潮に取り残され魚たちが天然の水族館を作っている。

魚だけでなく、貝やヒトデやカニ・海草などのさまざまな自然が観察できる。

シユノーケリングで海中散歩もいいだろう。

深い磯ならさながら小さな水族館だ

魚たちを夢中で追っていると、しばし野生に戻った自分を発見できるはずだ。

浅くて小さな磯なら、水中メガネや箱メガネで自然観察ができる。

特に干満差が大きい大潮の日は、取り残された小魚も多い。

岩の裏側には小魚や貝が隠れている。

磯遊びに最適な時間は干潮時の2時間前後夕食の食材探しだつてできる

砂浜や干潟では潮干狩り。

海に近いポイントは貝が探しやすく、カニやエビ、小魚なども見つかる。

川が流れ込む海岸はシジミや小さな生物の観察が出来る。

アサリのほかハマグリやバカガイ(アオヤギ)など、実際に食べれるものが手に入る事があるのがうれしい。

日差しを浴びながらのどかな気分に浸れるのも魅力だ。
ボートやフローター、ツールやBOX類もお買い得!

ただし、毒を持った生物もいる要注意だ。

磯の生き物を狙って集まるカモメやウミネコなどの水鳥も観察できる

夕食の食材探しなら海釣りもいい。

磯、堤防、海釣り公園、釣り船など場所もいろいろで、釣れる魚もさまざま。

たとえ釣れなくとも、潮風を受けながらのんびりと釣り糸を垂れるだけでリラックスした気分に浸れる。

まぐれで大物がヒットする時だってある。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


強烈な引きは忘れ難い体験となるはずだ。

さらに釣った獲物が美味しい魚なら言うことなし。

海釣りは渓流釣りとは又ひと味違った面白さがある。

浜辺の散策も楽しい

貝殻拾いや漂着物拾い

波に洗われ、遠くの山から流れついた磨かれた小石や貝殻やサンゴは
宝石のような輝きを見せたりもする。

浜辺に打ち上げられた流木も自然の造形美にあふれている。

思いがけない発見がある。

拾い集めた物はネイチツークラフトの材料に

アイデアひとつで個性あふれるオリジナルアートが作れる。

漂着物拾いは、海外ではビーチコ‐ミングと呼ばれる立派なアウトドアメニューなのだ。

浜にキャンプを張れば、潮風をいっぱい受け
昼は海水浴や潮干狩り、

夜はキャンプフアイヤーや焚き火など

潮騒の心地よい磯のBGMで就寝だ。

アウトドア&スポーツ ナチュラム


楽天から探す→アウトドア 海のショッピング
ネット(ナチュラム)から探す→リバー&レイクの売れ筋ランキング
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

アメリカでは、お父さんがその失った権威を取り戻すためにデイ・キャンプが流行しました。

そこには薪割り、カマドづくり、火たきなどお父さんの力を示せる機会がたくさんあり、今日の家庭で失われた仕事や創意工夫が多くみられます。

キャンプ場の出現は多彩なアウトドアアイテムが楽しめるようになった。

オートキャンプなど手軽にできるようにはなったが、マナーを守らないキャンパーもあり、それなりのテクニックやマナーが必要だ。

河川敷バーベキュー等もアウトドアである。一部の迷惑な人たちによって多大な迷惑を及ぼしてい事実もある

お父さん、子供たちを自然の中やアウトドアにただ連れていくだけでなく、その生活を通じてからだ全体で自然を理解する創造的な体験を試みて下さい。

子供たちは、自然とのふれあい、アウトアライフを経験することで、自執のすばらしさに感動し、そこから自妖保護の心も芽生えてきます。

何不自由のない日常の生活から離れ、自分でテントを設営し、薪を集めて火をたき、米をとぐといういろいろな体験から自らの力で遊び、学び、成長するのです。

アウトドアライフが単なる家族サービスでなくなるためにも、アウトドアライフを十分に楽しみたいのなら自分なりの楽しみを見つける努力が要求されてきます。

キャンプに行って何をするのかではなく、できるだけ自然に近づき、どれだけ楽しめるかなのです。
つまり、自由奔放に自然と親しむこころが大切なのです。

多彩なアイテムがそろうアウトドアスポーツ。
どのアイテムにも共通するのは、スポーツの楽しさを実感できると共に、自然のすぱらしさを再発見できることだ。
なにもしないキャンプ″も楽しいが、アウトドアスポーツに目的を定めて行くキャンプも充実感がある。

■マウンテンバイク(MTB)
レンタルを利用すれば道具で悩む必要もないのだ。マウンテンバイク(MTB)

マウンテンバイク=MTBの性能は、大自然の中のフイールドでこそ真価を発揮する。

山の中の凹凸の急坂を上り、下り坂を疾走する

ハンドルを通して、大地のこ々ワーを感じヽ風を体いっぱいに感じる・街でなんとなく乗っていたMTBは、なるほど、本当はこんな乗物だったのかと実感できるはず。

森の中を疾走する爽快感を一度体験すれば、きっとMTBの虜になるはずだ。

普段の生活では得られない技術が身についたり、現代の便利な生活のありがたさもきっと実感してくれるはずです。

キャンプ場の出現は多彩なアウトドアアイテムが楽しめるようになった。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


楽天から探す→


ネットから探す→ネットから探す→アウトドア用品アウトドア情報館にようこそ

テーマ:商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

プロフィール

hiragasaki119

Author:hiragasaki119
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

おすすめサイト

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。